Warning: Declaration of Danda_Category_Checklist::start_el(&$output, $category, $depth, $args, $id = 0) should be compatible with Walker_Category_Checklist::start_el(&$output, $category, $depth = 0, $args = Array, $id = 0) in /home/users/web10/6/5/0262656/www.yoshimatsu-ltd.com/wp/wp-content/themes/yoshimatsu/include/admin.php on line 139
技術|吉松建設工業株式会社

“ICT建機”などの新技術を積極的に取り入れ、施工現場に新しい風を送り込んでいます!

“ドローンの活用”で工期短縮、コスト縮減を実現
民間工事に“情報化施工”を採用しキャリアによる施工品質のバラツキを解消
建築でBIMを採用し顧客満足度を飛躍的にアップ

全ての社員に新技術研修を実施して、“個人スキル”、“組織スキル”を磨いています。

ICTを活用したサービスの提供

ITと建設の融合が時代を変えている
ITと建設の融合が時代を変えている

マシンコントロールをはじめ、実際の施工に役立つように

  1. 01. ドローンを活用して施工の始まりから終わりまでが変わる!
  2. 02. 自動制御されたICT建機を用いた施工!
  3. 03. BIMを用いた3D設計!

01. ドローンを活用して施工の始まりと終わりが変わる 現況空撮お受けいたします!

ドローンを用いた現況測量をいち早く導入しました。撮影した画像は“点群”という座標の集合体に変換することで、平面図や縦断図、横断図の作成までを行い、施工計画や施工管理に役立てています。これらは内業スタッフが行い、現場監督は現場の仕事に専念出来るようになりました。
施工が終われば出来形計測にもドローンを利用、“点群データ”を用いて出来形計測を行い、出来形管理表の作成まで連動して行っています。
ドローンは施工の始まりから終わりまで一貫した管理に活用しています。

点群
点群

空撮した写真から3次元座標を作ります。

図面
図面

点群から平面図も起こします。

土量算出
土量算出

点群から土量をだします。

02. 自動制御されたICT建機を用いた施工 現況空撮お受けします!

ドローンを用いた現況測量をいち早く導入しました。撮影した画像は“点群”という座標の集合体に変換することで、平面図や縦断図、横断図の作成までを行い、施工計画や施工管理に役立てています。これらは内業スタッフが行い、現場監督は現場の仕事に専念出来るようになりました。
施工が終われば出来形計測にもドローンを利用、“点群データ”を用いて出来形計測を行い、出来形管理表の作成まで連動して行っています。
ドローンは施工の始まりから終わりまで一貫した管理に活用しています。

GNSS測量
GNSS測量
ICT/MC
ICT/MC
竣工図空撮
竣工図空撮

03. BIMを用いた3D設計

3次元モデルを形成するBIMをいち早く導入、意匠設計、建物とインフラの計画、設計、施工・管理を効率的に行っています。実際の建造物と同様の内容を画面上で再現できるため、より正確にお客様とコンセンサスをとりながら工程の確認、設計内容の確認など緻密な打合せが出来るようになりました。

今後はさらにリアルな設計を取り入れる予定です。“VR”、“AR”などの新しい技法も取り入れていく予定です。

各種情報が一目で分かる

  • 施工図面

    重さや価格、構造的な強度、設備や透過損失、照明の照度など様々なデータを反映可能です。

  • 施工図面

    3D測量データと合わせ、実際の施工後のイメージを確認することも可能です。